General Practitioner's Orthodontics

GPによる矯正歯科

ABOUT

G.P.O

​なぜ矯正治療を学ぶのか?

 

患者の口腔内環境は改善し、う蝕、歯周病治療のニーズは減少傾向にあります。一方で、患者の美への意識は向上し、歯科矯正治療は欧米のように日本人にとっても身近なものになりました。歯科矯正専門医が担当するだけでなく、GP(一般開業医)も矯正に携わることが多くなってきました。しかし、中途半端な実力でのアライナー治療など、矯正治療はトラブル報告も多く、その質が重要です。

また、GPには総合力が問われます。

患者に対して、例えば、歯周治療だけの知識、インプラントだけの知識、だけでは良い治療を提供できません。誰しもが自分の得意分野から治療アプローチを行おうとします。しかし患者はそれを求めて来院されてる訳ではありません。幅広く歯科領域を学び、矯正以外のことも理解できる”臨床のプロ”のGPが、歯科矯正を理解し、コントロールできることは大きな意味があります。

 

患者に理想的な治療を提供できる”臨床のプロ”を目指す歯科医をサポートするのが、我々GPOのミッションです。

 

代表 米澤 大地

​顧問 下間 一洋

​GPO各種講習会 コロナ対策を行い開催中

セミナーでのドクターティーチング

第4回例会 7/29 19:30~

米澤先生 特別公演

馬庭先生 会員発表

​Web開催(Zoom)