General Practitioner's Orthodontics

GPのための矯正歯科

ABOUT

G.P.O

​なぜ矯正治療を学ぶのか?

 

GPは総合力が問われます。

患者に対して、例えば、歯周治療だけの知識、インプラントだけの知識、だけでは良い治療を提供できません。

同じ意味で、矯正以外のことも理解できる”臨床のプロ”のGPが、矯正治療を理解し、コントロールできることは大きな意味があります。

 

また近年アライナー矯正が台頭し、多くの歯科医師が興味を持っています。

インプラント界など、メーカー主導の世界がそうであったように、

メーカーはあたかも完成された”商品が患者を治します”という、間違った誘導をするでしょう。

その特性を知らずして導入すれば患者もろとも先生方は奈落に落とされます。

そのようなアライナーに対する正しい知識を持つためにも従来の矯正の知識と特性を学び、

そして、アライナーを敬遠するのではなく、学ぶのが学問の王道で、ワイヤー矯正を知らずとも

アライナーから学ぶ、というこれから流行るGPの考えは間違っています。

いざという時のためにリカバーする能力も必ず必要です。

代表 米澤 大地

​顧問 下間 一洋

GPO courses

GPOでは、GP講師陣が、矯正専門医にはない総合的な観点から矯正治療を指導します。

GPが矯正治療を導入する、または連携する、最も近道のコースを目指しています。

​レギュラー

初めて矯正治療を行う

​基礎的なコース

一級叢生症例の治療

​矯正学の基礎知識

​アドバンス

​矯正を含めた総合的な治療を実践するコース

成人矯正患者の

欠損・歯周病の取り扱い

TADS​を用いた矯正治療

​小児

​混合歯列期の早期治療を

学ぶコース

全顎矯正を前提とした

​混合歯列期の見極め・処置

​技工

矯正治療を学びたい技工士​向けのコース

全額治療を行う時に必要な矯正の知識と技工

顔面分析で審美眼を養う

​第4回例会 釜田先生特別講演

日時:令和3年5月27日(木) 19:30

会場:ストローマン